病院に行くときに持って行きたいもの

2013年11月20日(水)

健康保険証、医療費控除証、母子健康手帳、お薬手帳、着替え・オムツ、お金。
まず最低これだけは持参しましょう。

次に必要なのが「体温表や病気の症状を書いたメモなど、経過の分かるもの」です。
まず症状がいつから出始めたか。
熱は何時に何度だったか。嘔吐や下痢は、何回あったかなど、時間と症状を書いておきます。
園や学校で症状が出始めたときは、何時頃だったか、回数も合わせて先生に聞いておきます。
また、園や学校ではやっている病気はないかも聞いておきましょう。
乳幼児医療費受給者証と共に医療費助成給付申請書も持参するといいでしょう。

赤ちゃんが下痢をしている場合なら、便の出たオムツをそのまま持って行きます。
オムツは必ずビニール袋に入れて。診てもらったあとも、必ず持ち帰ります。
感染性の下痢の場合は、便からも感染してしまうからです。

替えのオムツも多めに持参し、オムツを入れるビニール袋も忘れずに。
病院では捨てられない事がほとんどです。

嘔吐している時は、ビニール袋やタオルを多めに。
車で揺られると、降りる時に嘔吐することもありますから要注意。

病院では待ち時間が長い場合もあるので、水分、お気に入りのおもちゃなども持たせると便利ですよ。