知ってる?休日診療の利用方法

2017年6月30日(金)

休日でも深夜でも、盛岡市の医療施設では24時間の体制を整えてくれています。
あなたは、自分の都合の良い時間帯だからと受診したりしていませんか?

救急の医療施設を利用する場合は、症状に合せて利用しましょう。
でも、自分では子どもが軽症か重症化の判断がつきにくいもの。
そんな時は、日本小児科学会が提供する「こどもの救急」サイトでチェックして下さいね。
または、夜間であれば「こども救急電話相談」で、看護師に相談してみましょう。

小児科、内科、外科・整形外科の休日救急当番医は、日曜日や祝祭日、年末年始などの医療施設が休日となる場合の受入当番医です。
診療時間は9:00~17:00で、往診は行いません。

歯科の休日救急当番医は、日曜日や祝祭日、年末年始などの医療施設が休日となる場合の受入当番医です。
診療時間は9:00~15:00で、往診は行いません。

整骨院・接骨院の休日救急当番医は、日曜日の医療施設が休日となる場合の受入当番医です。
診療時間は9:00~15:00で、往診は行いません。

盛岡市夜間救急診療所は、平日・休日を問わず、小児科と内科の夜間診療をしています。
診療時間は19:00~23:00で、往診は行いません。

小児救急入院受入病院は、 症状が重く入院が必要と思われる子どもと、市夜間急患診療所や休日救急当番医が診療していない時間帯の子どもを受入れます。
診療時間は、土曜日は13:00(祝日の土曜は9時)~17:00はもりおかこども病院を受診。
毎日変わる当番医は、夜間は17:00~翌朝9:00で、往診は行いません。

いずれの休日診療も、急遽、当番医が変更となる場合があります。
必ず事前に確認してから受診して下さい。

こんな時は、この医療施設を利用する、ということを私たち子どもの親が理解して、みんなが救急の医療をスムーズに利用できるように、心がけたいものですね。