困った、を助ける地域の預かりサポート

2013年12月6日(金)

産前産後は、ママの体調も整わず、家事も育児もつらいものですよね。
それに、働くママや、病気の時なども、家事や育児は大変です。
そんな時、助けてくれるのが、地域の預かりサポートです。
子どもの世話をサポートしてくれたり、一時預かりなどにも対応してくれます。

保育園や幼稚園などの保育施設と違うところは、自宅または依頼先での保育をしてくれること。
ママが「ちょっと出かけたい」というとき、子ども連れて行けない場合は、自宅にサポートに来てもらいます。または、預かってくれる人の自宅に、子供を預けます。
お気に入りの遊び場があれば、その場所での預かりもOKです。

基本的にマンツーマンでのサポートとなるので、集団保育による感染症などのリスクも少ないのが魅力。
目が離せない年頃の子どもでも、安心して預けられます。

さらに、病児・病後児の預かり保育に対応してくれる場合もあります。
こちらは、症状などにもよりますから、まずは相談してみましょう。

いずれも、事前の登録が必要ですから、まずは登録をしましょう。
家事に対応してくれるサービスもあるので、育児に手がかかりすぎて、家事ができない場合に、自宅の掃除をしてもらうなども依頼できます。

預かってくれるのは、地域の先輩ママや、子育てのベテランさんばかり。
地域の預かりサポート、上手に利用したいですね。