児童館・児童センターとは

2013年12月6日(金)

児童館(児童センター)は、児童に健全な遊びを与えて、その健康を増進し、情操をゆたかにすることを目的としています。
子どもたちの遊びを通して子どもの創造性、自主性、社会性をはぐくむため、いろいろな活動を行っています。
小学生の利用を主としていますが、午前中は日によって幼児教室が開催されるなど、幼児とその親のためにも解放しています。(幼児が利用する場合には、必ず保護者が同伴します)
様々なクラブ活動などを通して、子どもたちは遊びながら、様々なことを身に付けていきます。

小学生のみで利用する場合には、小学校で決められている外出時間内のみとしています。
〔小学生のみが利用できる時間〕
夏季は下校時から17:00に自宅へ帰宅できる時間まで。
冬季は下校時から16:30に自宅へ帰宅できる時間まで。
長期休暇中の夏期は、10~12時、13~17:00に帰宅できる時間まで。
長期休暇中の冬季は、10~12時、13~16:30に帰宅できる時間まで。
※長期休暇中も、昼ごはんの時間は自宅へ戻り各自昼食を取ります。

児童館や児童センターでは、放課後の小学生預かりとして「児童クラブ」を設けていますが、児童クラブの利用方法は学童保育の利用方法に記載しています。