学童保育の利用方法

2013年12月6日(金)

親が働いてる小学生の放課後の居場所のひとつが、学童保育です。
学童保育といっても、様々な団体が行っており、名称も違います。

児童館・児童センターのクラブ室で行う学童保育を、盛岡市では「児童クラブ」と呼んでいます。
クラブ室には専門の指導員がおり、子ども達を見守ります。

クラブ室の無い児童館や児童センターでも、学童保育を行っています。
こちらは特に呼び名はありませんが、いずれも「留守家庭児童登録」をした児童が利用できます。
児童館・児童センターでの学童保育は、学童クラブである、ないに関わらず、料金は無料となっています。
留守家庭登録をした児童は18時までの利用ができ、保護者による迎えを待って、保護者と一緒に帰宅します。

児童館・児童センター以外の学童保育には、学校に併設されたもの、企業や団体が行うものや、小学生の親有志によって作られた学童保育もあります。
児童館・児童センターの学童と総合して、放課後児童クラブとも呼ばれています。
こちらは全て有料となり、各学童保育施設によって対応も様々です。
おやつが出るところ、宿題の見守りや、独自の課外授業を行うところもあります。

小学生になって、突然学童保育に通いだすのは、子どもにとっても不安なものです。
児童館や児童センターなら、就学前にも遊びにいくなどして、慣れておくといいでしょう。
それ以外の施設においても、春休み中(4/1から受入OKの施設もあり)から始業式までの間に通い、慣れておくといいですね。

地域の学童保育については、入学前に各自で施設に申し込みます。
学区内の子どもしか受け入れない所もあるので、事前に内容を確認してから申込みましょう。