幼稚園と保育園の違いって?

2013年12月6日(金)

保育園は「日々保護者の委託を受けて、保育に欠ける乳児または幼児を保育」するための場所です。
仕事や病気などで日中の保育が困難な場合の受け入れ先になっているので、専業主婦や、同居している祖父母(保育が可能な)がいると預けられません。
働くママの変わりに保育をしてくれます。
盛岡市の保育園では、20時まで延長保育の対応している園もあります。
また、一時保育、休日保育といった、一時的な預かりのサポートに対応している園もあります。

幼稚園は、学校教育法により「幼児の心身の発達を助長」するための、未就学時の教育を行う場所です。
幼稚園は専業主婦のママだけが預けるもの、と思っていませんか?
実は、私もそうでした。働いているママが幼稚園に預けるのは無理だと思っていたんです。
でも、最近の幼稚園は延長保育が充実していて、18時や19時まで延長保育を実施している園もあります。
行事も週末にしてくれたりと、働くママにも考慮してある園も多いんですよ。

認定こども園は、保育園と幼稚園の両方の機能を備えた施設です。
幼稚園と保育園の機能を併せ持つ、認定こども園ならではの預かりスタイルです。

幼保連携型は、認可幼稚園と認可保育所とが連携して一体的な運営を行うタイプ。
幼稚園型は、認可された幼稚園が保育所的な機能を備えたタイプ。
保育所型は、認可された保育所が幼稚園的な機能(幼児教育)を備えたタイプ。
地方裁量型は、認可のない地域の教育・保育施設が認定こども園として機能を果たすタイプ。

いずれも親が働いている・いないに関わらず入園できるのは幼稚園と同じですが、幼保連携型の保育所へは、親が働いている子どもが入園できます。
また、幼稚園型の園では、0歳児からの入園受入をしていない場合もあります。
園によって、違いがありますので確認しましょう。

認可外保育施設は、「児童福祉法上の保育所に該当しない」保育施設です。
時間外や休日に働くママの強い見方でもあります。
お休みの日に冠婚葬祭が当たってしまい、どうしても子どもを預けなくてはいけない場合にもオススメです。
24時間保育に対応する園もあり、様々な形で保育をサポートしてくれます。

ママのライフスタイルによって、選ぶ園は違ってきます。
でも、最後はやっぱりママの直感も大切。
気になる園があれば、入園前に見学したり、園解放の日に遊びにいって子どもの反応を見たりして、子どももママも、笑顔で通える園を見つけましょう。